teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


よろしくお願いいたします!

 投稿者:南金田2丁目  投稿日:2015年10月12日(月)22時55分50秒
返信・引用
  元東海楽器の南金田2丁目こと、吉田です。

私事ですが・・・ひょんな事から、神戸加納町の小さなライブハウス・
『ホンキートンク』にて、毎月第三木曜日に『The Old Blue』と言うバンドを
率いて唄っております。
最初は、バンドメンとしてフィドルで参加したのですが、ギター・ボーカルが
病に倒れて、私が代わりをすることになりました。

元々のバンド・コンセプトが、『ブルーグラスを日本語で唄う』というものだったので
『高石ともや&ナターシャ7』の曲を中心に、勿論、英語のブルーグラスも
交えながら演奏しております。

私がギターを弾きながら唄っておりますので、当然の事ながら?
使用楽器は『Cat's Eyes』ギターです!

今現在、10本を越えるコレクションを持っておりますが・・・
その中から気分の赴くままに、毎月違う『Cat's Eyes』ギターを使っております。

小さなお店ですので、身近にジャパン・ビンテージを見ていただける機会ですので
お近くの方は是非とも遊びに来てやってください!
どうぞよろしくお願いいたします。

場所は、私のホームページの方で紹介いたしておりますので、そちらの方も
どうぞよろしくお願い申し上げます!

 
 

Re: CE-600CFについて。

 投稿者:キャッツアイ  投稿日:2015年10月11日(日)03時39分32秒
返信・引用 編集済
  > No.1661[元記事へ]

宇多田まゆきさんへのお返事です。

CE-600CF は学生時代に新品で購入し、今も所有してます。

CE-600CF は当時のD-35のレプリカですが、個体差なのか私のは他のキャッツD-28タイプより、かなり低音よりです。6と5弦はズーンと響き、本家D-28と比べても遜色ありません。
音質は違いますが、ヤマハFG-500赤ラベルとも比較可能なほど太い音です・・・
FG-500は祭りの大太鼓の音、もしくはガスに着火したような「ボッ」という6弦音なのに対し、CE-600CFはお寺の鐘のようなゴーンという音です。

一方、高音弦は、高音がきらびやかなD-35とは反対にボチボチの響きです。
同じ「600」でもCFが付かない前モデルのCE-600はD-28タイプなのに低音は軽く高音がきらびやかで、全くの別物です。
上級モデルから普及モデルまで多くのキャッツを試し弾きしましたがいずれも低音は軽く、私のCFは異端児なのかもしれません。

購入から永くは実に鳴らないギターで、友人のギター並に音を出そうと指の皮を擦り減らした記憶があります。
近年は新品時のマーチン並みには、なんとか鳴るようになりました。
私のは購入以来、全くの無加工ですが当初から異常に弦のテンションが強くピック弾き向きです。カスタムライトで通常のライトと同じ感覚になります。

音質は個人の好みですが、店頭新品のマーチンD-35やD-28はライバルにならないほどの素晴らしい音です。
不思議ですが、上級モデルのCE-1300CFや所有するハカ単板キャッツ上級モデル以上にいい音をだします。
全体的にマーチンより硬い音で、熟成が進むと若干まろやかになるようです。

弱点は、サドル高を下げると、著しく下品で安っぽい音に一変すること。
これが唯一、本家D-35やD-28、上級キャッツに及ばない点で、ヤマハFG-500赤ラベルとも共通する特徴だと思います。
近年、市場にある CE600CF はサドル高を下げたものばかりで、弾くと下品でひどい音のものばかりなのが残念です。


 

音色とコストパフォーマンスについて。

 投稿者:宇多田まゆき  投稿日:2015年10月 8日(木)20時19分45秒
返信・引用
  CE600CFを購入予定です。

マーチンには音色は劣るとわかってますが個体差もあるし。ぶっちゃけどうですか?

購入価格は4万円です。

よろしくお願いします。
 

CE-700S

 投稿者:通りすがり  投稿日:2015年10月 2日(金)16時49分16秒
返信・引用
  本日,あるきっかけでCE-700Sを手に入れました。
多分,数十年は弾かれていなかったギターだと思われます。

このギターのことが知りたくて,このサイトに来ました。

色々と読ませていただきます。
 

CE-1200T(80年製)のその後

 投稿者:bluesman1028  投稿日:2015年 9月14日(月)17時46分23秒
返信・引用
  ふっはっは~!私のギターはよく鳴ってますよ~!前にも書きましたが、探しはじめて20年!*\(^o^)/*このギターでブルース、ラグタイムを楽しんでおります。一生物です!ずーっと大事にするぞ~!キャッツアイギターバンザイ!  

CE2000S その後

 投稿者:kiyochan  投稿日:2015年 9月12日(土)10時41分59秒
返信・引用
  以前2009年に投稿した者です。
CE2000Sはあれから6年間弾き続けていますが、MARTIN 00042SQと比べてもすばらしい音と雰囲気があります。若かりし頃カタログでしか見たことがなかったこのギターは想像以上です。なかなか写真をアップ出来ませがいつか皆さんにお見せしたいものです。ショートサドルの謎?いまだ不明です。この6年何も不具合なく改めてその作りの良さを感じています。MARTINコピーでありながらちょっとつくりの荒いところも魅力です。(手作り感?)あのあとTCM300MというD45モデルも購入してしまいました。使用感たっぷりですがボディーの振動が物凄いギターです。CAT’S EYES GUITAR 恐るべし!!!です。
 

Re: 南金田2丁目さん

 投稿者:キャッツアイ  投稿日:2015年 8月31日(月)21時11分12秒
返信・引用 編集済
  アドバイスありがとうございます

当方、学生時代からのキャッツひいき。
ここ数年、なんとか思うような鳴りの品を探しつづけていました。
鳴らないと感じたのは、ご指摘のようなマーティンだけとの比較ではありません。
それも含めた自身の「鳴る」と感じるギター全般との比較で感じた個人の感覚です。

で、

最近、ふと購入した75年CE1500(3P)がイメージどおりの素晴らしい鳴り。
おっしゃるような、『ガン!』と鳴る感じで、素晴らしく明るい大きな音色です。
やっと念願が叶いました。
苦節、購入したキャッツ6本・・・
ためし引きした本数は・・・

思うにヤマハなどと比べ個体差が激しく、鳴る個体の確率が少ないのではないでしょうか・・・
鳴る固体はオーナーが手放さない。絶対数も少ないため鳴るキャッツはすぐに売れてしまう・・・
それゆえ今、市場に売りにでている品は鳴らぬ個体が多いのではと感じています。

お騒がせしました。

 

Re: あきらめないで!

 投稿者:南金田2丁目  投稿日:2015年 8月22日(土)23時58分45秒
返信・引用
  キャッツアイさんへのお返事です。

あきらめる必要はないと思いますよ!
何を基準とされて『鳴らない』と感じられるかは解りませんが?

もし、『マーティン・ギター』と比べられているのでしたら、
鳴り方が違う事をご理解ください。

マーティン・ギターは、基本的に側板は『手曲げ』です。

それに対して、キャッツ・アイ・ギターは『機械曲げ』でした。

『手曲げ』は、材料一枚一枚の特性に合わせて曲げ具合を調整
 し易いのですが?『機械曲げ』は量産性は良いのですが、製品
のバラつきを防ぐために、板厚をある程度の分厚さにしなくては
なりません。

そのため、どうしても『重い』鳴り方になってしまいます。

しかし、だからと言って『鳴らない』わけではないと思います。

今現在、私の手元に修理のマーティン・ギターが何本か有ります。

でも、比べてみると・・・負けているとは思えません?

2004年製の『HD28V』と、1977年製『CE1500』を
比べてみると・・・HD28Vは、マーティンらしいボディー全体が
『ボワ~ン』と鳴る感じで大きな音に感じますが、CE1500は
『ガン!』と鳴る感じです。実際に弾いた感じでは、マーティンの
方が鳴っているように感じるのですが、比べてみるとキャッツ・アイ
の方が大きな音が出ています。

ま~どの様な音楽に使うかでも違いが有ると思いますが・・・
私は、『ブルーグラス』でギターを弾く事が多いのですが、
確かに『ブルーグラス』では、マーティンの音が良く合うのですが?
私にとっては、キャッツ・アイの音の方が『頼り』になりますので
最近はCE1500を使っている事が多いです。

また、以前から私が言っている様にキャッツ・アイ・ギターは塗装が
分厚く堅いのです。ラッカー塗装に塗り直してやれば、劇的に変化
する事がありますよ。試してみるのも良い方法だと思います。

70年代から80年代初頭までのキャッツ・アイは、非常に良い
材料(今からは考えられないほどの材です)を使っていますから
それを引き出してやる事が出来れば、本当に良いギターですよ!

 

あきらめました

 投稿者:キャッツアイ  投稿日:2015年 8月11日(火)17時37分26秒
返信・引用 編集済
  あきらめました
大昔、美しい外観に惹かれ新品でキャッツアイを購入。ところが鳴らない・・・
数十年弾いたが結局ダメ。
このサイトを観て個体差もあるのかと、複数の中古キャッツアイを購入。
しかしどれも鳴らない。高級機ほど鳴らない印象で、弦だけが音を出している感じ。
箱鳴りとは程遠く、ギターはどんなに強く弾いてもコンクリートみたいに固まっている。
特に指弾きはひどく、ポコポコとしか言わない。無意識に強く弾いているらしく数分弾くと指の皮がなくなり血がにじむ始末。

あきらめました。

キャッツアイは昭和と、マーティンに憧れた少年時代を懐かしむ鑑賞品として保管します。
 

14周年

 投稿者:足寄千春。  投稿日:2015年 7月20日(月)07時02分59秒
返信・引用
  おめでとうございます。

これから暑い日が続きますが、管理人様もご訪問の皆様も健康に留意されて下さい。
 
    (よしだ@管理人) 足寄千春さん
いつもありがとうございます。
変わり映えしませんが、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
なかなかギターを触る時間がありませんで、調整メニューだけ考えたりしています。
昨日は、1200Mの弦交換を平成19年9月から約7年ぶりにやりました。
1500も10年ばかり放ってありますので、そろそろ手を付けないといけないかとは思っています。
 

Re: CE800Tについて

 投稿者:南金田2丁目  投稿日:2015年 5月15日(金)22時30分20秒
返信・引用
  > No.1635[元記事へ]

texasfloodさんへのお返事です。

D28をお持ちならCE800Tを残しておくのはアリだと思います。
 DとOOOは音質が基本的に違います(ボディーサイズ、弦長など)ので、
 お部屋の広さに(ご家族の承諾が得られれば・・・)余裕が有れば
 残しておかれたらどうですかね?
 私は、現在キャッツ・アイ・ギターだけで12本も集めてしまいましたが
 (そろそろ本数を減らさないとと思っておりますが・・・)

 絶対に手放せそうもないのが・・・CE3000CF,CE1200M,
 CE1000S,CE1500(ハカランダ二本)と、CE1200Tです。

 これらは、マーティン・ギターで言う所のD45,D28,D18,
 そしてOOO28モデルにあたります。(出来たらOOO45モデルの
 CE2000Sも欲しいのですが・・・)
 どれもが、音のキャラクターが違いますので非常に楽しめます!

 出来たら・・・末永く可愛がってやってください! (元東海楽器社員)

 

Re: CE800Tについて

 投稿者:もこもこ  投稿日:2015年 5月13日(水)07時33分20秒
返信・引用
  仮にOOO-28がメインギターであればCE-800Tを手放すというのはありだと思います。
DreadnoughtとOOOとで音の傾向は異なるものですし、それぞれの良さがあると思います。
私個人的には、CE-800Tをゆずっていただきたいですけどね!
 

CE800Tについて

 投稿者:texasflood  投稿日:2015年 4月21日(火)22時43分18秒
返信・引用
  マーチンD28があるので、CE800T(1980年製)をオークションで売却しようと思っていますが、もったいないですかね?マーチンと比べなければ、いい音、いいルックスしてます。ご意見、アドバイスよろしくお願い致します。  

w-1登場!

 投稿者:とんとん  投稿日:2015年 4月 2日(木)14時50分32秒
返信・引用
  ギタープラネットで、国産キャッツアイが登場しましたね。http://www.j-guitar.com/product_id614487.html

「国産クオリティの素晴らしさはそのままに、あらゆるところにこだわり抜いた、
「究極のキャッツアイ」、新作がギタープラネット・国産アコースティックフロアにて展示・販売中です!
まさにファン待望の新作は、どこから取っても職人の「こだわり」が感じられる逸品となっております。

完全なメイド・イン・ジャパンで製作された本器、「W-1」はMartinのStyle 18のスペックを踏襲。
トップ材にはアディロンダックスプルースを使用し、サイド&バックにはホンジュラスマホガニー、
そして指板、ブリッジにはマダガスカルローズウッド。
木材枯渇が叫ばれている昨今、どれも希少&高価な木材を使用し、
確かなサウンドクオリティに一役買っています。

さらに、このモデルのこだわりは見えないところにあります。
アコースティックギターのサウンドを大きく決定付ける要素と言っても過言ではないボディブレーシング(力木)。
本来は強力な弦の張力を支える役目のものですが、形、素材によってサウンドが大きく変化することはアコースティックギターファンなら周知の事実と存じます。
そのブレーシングにも高級材であるアディロンダック・スプルースを使用。
さらには職人の手によって一本一本手削りに寄って加工されており、繊細な技術が求められる箇所に徹底的にこだわり抜いた製作方法をとっています。
また、指板、ブリッジ駒、ネックの接着にはニカワが使用され、繊細な弦振動を倍音豊かになるよう伝達するこだわりが感じられます。
日本人の「誇り」、そういったものをご体感頂ける傑作でございます。
手間のかかる製法ながら、当然少数製産品となっております。」

とあります。
浜松産でしょうか?
とにかく、無茶苦茶気になりますね。
いやあ、弾いてみたい~
どなたか、情報があれば、ぜひ!
 

TCE-40・・・?

 投稿者:こや  投稿日:2015年 3月13日(金)11時06分28秒
返信・引用
  初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

突然ですが先日、祖母の家にてCat's EyesのTCE-40という型番で、ナンバーが3000132というギターが発掘されました。

いくらネットで検索しても同じ型番のギターを見つけることが出来ずにいて、このギターについての詳細を知ることができませんでした。

もし管理人様が何かご存知のことがありましたら、教えていただけないでしょうか。
 
    (よしだ@管理人) こやさん
初めまして&いらっしゃいませ。^^
過渡期のモデルと思われますが、カタログには載らなかったですね。
CE-400から移行したモデルかと思われますので、スペックを確認してみてください。
 

ネック幅44.5mm

 投稿者:JOJO  投稿日:2015年 2月13日(金)01時01分45秒
返信・引用
  管理人さま

お返事ありがとうございます。
疑問が解けました。ほとんどのCat's Eyesは、43ミリ前後なんですね。
当方、田舎なもので多くのCat's Eyesを見比べることができないので助かりました。
それに、当方のCE-600も本当に正確に計ったら44ミリでした。
CE-600で特注はあり得ないので、単なる個体差ですね・・・
しかし、偶然ですが当方にとって最高のネックを持つCat's Eyesに巡り合えたことに感動しています。

これからもよろしくお願いいたします。
 

ネック幅44.5mm

 投稿者:JOJO  投稿日:2015年 2月11日(水)02時54分39秒
返信・引用
  はじめまして

サイト楽しく拝見させていただいてます。
当方、1980年に発売直後の3Pバック「CE-600CF」を新品購入。以来、無改造、無調整で今まで所有してきた者です。

最近、CE-600CFの前モデルだった2Pバックの「CE-600」を中古購入したのですが、ネック幅がD-28 Marquisと同じ、幅広の44.5mm程なのに気が付きました。
CE-600CFは一般的な42.9mmなので、もしかしたら「CF」がモデル名に無いモデルは44.5mmなのかも?と疑問を持った次第です。

当時、Cat's Eyesはオールドマーチン基本を売りにしていたのでほとんどのモデルは幅広ネックなんじゃ・・・と今更ながら考えにふけっています。

当方、幅広のネックが大好きなんです。
 
    (よしだ@管理人) JOJOさん
初めまして&いらっしゃいませ。
オールドキャッツアイは、殆どが43ミリ前後だと思います。
家にある77年製600もその程度のナット幅です。
かなり珍しい個体かと思います。
 

CE-1300S ??

 投稿者:BURNY好き  投稿日:2015年 1月 3日(土)01時00分16秒
返信・引用
  はじめまして。
先日リサイクルショップにてcats eyesギターを購入しましたが、型番、製造年共に不明です。
非常に不可解な型番、シリアルNo.が刻印されております。
仕様から恐らく78年のCE-300辺りかとは思っておりますが、ここのサイトの表でも該当しません。
宜しければ正体を探っては頂けないでしょうか?
ご教示宜しくお願い致します。

シリアルNo.104178
型番 CE-1300S
ボディ オール合板
ネック ヘッドはジョイント有り、ヒールは継ぎ2箇所。トラスロッドカバー無し。
ペグ オープンタイプ
ラベル 無し

上記の理由から入門グレードかと思われますが、ご教示宜しくお願い致しますm(__)m
 
    (よしだ@管理人) 初めまして&いらっしゃいませ。

初めて見る型番ですね。
少し情報を追加していただけるともう少し分かると思いますのでお願いします。

バックのセンターライニングに何か焼き印があるでしょうか?
タイプはDですよね?
ポジションマークは、28タイプのドットもしくはスロテッドダイヤモンド、キャッツアイですかね?
ボディパーフリングは何かありますか?

トップが合板であれば、ほぼ入門機に間違いありませんが、通常ラベルが貼られています。
検品シール(INSPECTED ◯◯◯◯)もありませんよね?
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:よしだ@管理人  投稿日:2015年 1月 1日(木)20時34分52秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。
本年もボチボチやって行きます。
どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m
 

Re: TCM-80T

 投稿者:てれきゃす  投稿日:2014年12月16日(火)00時13分6秒
返信・引用
  > No.1626[元記事へ]

ご回答ありがとうございます。

なるほど、勉強になりました。

ありがとうございました!!
 

レンタル掲示板
/44