teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


HSPとは?

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年11月 5日(日)17時03分16秒
  温熱を受けるとHSP(熱ショックタンパク質)が増加します。この物質には体の修復を促したり免疫力を高めたりする働きがあります。
 このHSPが高まると風邪をひかない、がん療法の効果等々NHKでの「温熱の不思議」は大きな反響がありました。
熱ショック蛋白・HSPと温熱ストレスをうまく利用すると、医学(温熱療法)、看護(温熱看護)、スポーツ(温熱トレーニング)の分野のみでなく、日常的にマイルド加温を行う事で日々の健康維持(ウイルスへの感染、老化、などの防御)に大いに活用できる内容が紹介
されました。 体をマイルドに温める温熱療法は、副作用の無い 大人から子供まで、幅広く手軽に利用できる健康法です。

http://www.wainet.ne.jp/~vision88/

 
 

三井温熱の利点

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年11月 5日(日)17時01分44秒
  ただ闇雲に温めるのではなく必要なところに効率的に熱を入れる、つまり適所適量の注熱(熱を入れること)で温めることが最大
の利点なのです。本人が気づかないからだの深部(内臓含む)に疲労がたまると筋肉が硬くなり血液やリンパの流れが悪くなり
自律神経の働きに変調をきたします。結果 体の様々な不調や病気に結びついてしまいます。 不要な脂肪の蓄積も同様です。
そこで 慢性疲労を起こしているところや気になるところに熱を入れて、筋肉を緩める必要が出てきます。
筋肉が緩めば骨もしなやかになり、血液やリンパの流れが良くなり、自律神経が整ってきます。
その結果 諸症状が改善していくのです。

http://www.wainet.ne.jp/~vision88/

 

手軽にできる温熱

 投稿者:管理人メール  投稿日:2006年11月 5日(日)17時00分15秒
  現代病といわれる体の様々な不調・がんなどは冷えが起因!
温熱療法には全身を一気に温めるものや、刺激が強いものがあります。 それらは元気な人には良くても、様々な不調や病気を抱えた人が使うと、体力を落とすおそれがあります。
 その点 三井温熱療法は体の部分部分に最適な温度刺激を加えることができるので体に不調のある人でも体力を 落とさずに使うことができるのです。

http://www.wainet.ne.jp/~vision88/

 

レンタル掲示板
/1